歯周病のケアが重要です

歯周病 (日本歯周病学会認定歯周病専門医が常勤しております。)

 

 

歯周病は歯の表面につくプラーク、つまり歯垢(細菌の塊り)中の細菌感染によっておこる歯の周りの病気です。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、病状が悪化し歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎があります。

30歳以上の8割が歯周炎に罹患しているとの研究結果がありますが、かなり悪化しないと痛みなどの症状が出なかったり、病気の進み方には個人差があるため、自分が歯周病であると自覚している人は少ないのではないでしょうか?

 

 

こんなときは要注意

 

 

歯医者が怖い!通うのが 面倒だ!痛みがないからいいや!は逆効果です。
痛くなってからの治療は治療時間・期間・費用ともに余計にかかってしまい、患者様にとってメリットはありません。また治療後に痛みがでやすくなってしまうというデメリットもあります。

■正常で健康な歯と歯周組織の断面図  
歯周組織の断面図
  • 最近歯の間に物が挟まりやすくなった。
  • 歯肉が下がってきている感じがする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 歯肉から膿が出る。
  • 歯がグラグラしている。

原因と対策

 

 

歯周病の主な原因は歯と歯肉の境目に溜まった歯垢中の細菌の感染による歯肉の炎症です。
治療はレントゲン撮影による骨と歯の関係のチェックや歯周病の検査をおこなった後、ブラッシング指導や歯の表面に強固に付着した歯石やバイオフィルム(細菌が繁殖するために作るネバネバした塊)を除去し、定期的なメインテナンスを行うことです。

 

■歯周病になった歯周組織の断面図
歯周病になった歯周組織の断面図

歯周病は一度発症すると完治することはない病気で、悪くなるまで症状が出にくいのが特徴です。
予防や早期発見・早期治療と定期健診が大事です。私どもの医院では歯周組織検査やX線検査を使用して、治療をおこなっております。

 

当医院には、日本歯周病学会認定の歯周病専門医が常勤しております

 

 

 

正常な歯と骨の関係 歯周病と歯と骨の関係